homeへ

私たちのこと、日々のこと、家づくりのことなどなど。

お客様の声

お知らせ

カレンダー

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ(半年分)

バックナンバー

糸魚川市各種補助金のご案内②

2015年04月15日(水) | お知らせ

【在宅介護応援りほーむ事業補助金】  ~住みなれた家でいつまでも~

    (★申請は当社にて行います。何なりとご相談ください。)

 市では、在宅での介護を応援するために、高齢者や障害者が住み慣れた自宅で過ごせるよう、身体の状況に応じた住宅に改修する際、その工事費の一部を補助します。

☆対象となる方・・・次のいづれかに該当する方が対象です。

 ①65歳以上の方

 ②介護保険の要支援・要介護の認定を受けている方(40歳以上の方)

 ③身体障害者手帳1・2級もしくは療育手帳Aの交付を受けている方

☆対象の条件

 次のすべてに該当することが条件です。

 ・市内に住民登録があり、市内の住宅に居住していること

 ・介護保険料、市税等の滞納がないこと。対象工事を補助金交付決定後に着手し、平成28年3月31日(木)までに実績報告書を提出できること。

☆対象の住宅等

 次のすべてに該当することが条件です。

 ・市内の建築物で対象者が居住している住宅または同一敷地内のスロープ等の付随施設

 ・申請者またはその親族が所有している住宅

☆対象の住宅

 高齢者や障害者が住み慣れた住宅で安心して自立した生活を送り、介護者の負担を軽減するために必要と認められる対象工事費50万円以上の工事が対象です。要件として、次の条件Aのいづれかに該当し、条件Bのすべてを満たす工事が対象となります。

◆条件A(いづれかに該当)

 ①介護保険法に規定する住宅改修

 ②障害者の日常生活用具の給付事業

 ③市高齢者及び障害者向け住宅設備補助対象工事

 ④障害にわたり安心した住宅生活や介護を受けるために必要と認められる工事

※①~③の場合は、その対象となる事業費を差し引いた額から50万円以上となるものに限ります。

◆条件B(すべてに該当)

・申請者またはその親族が所有する対象住宅の改修である事(新築・全面改築は除く)

・市内に本店・支店を有する施工業者で行うこと。

※特殊工事等により市内に本店・支店を有する業者が施工できない場合を除きます。

☆補助率

 補助対象工事費(消費税含む)の1/3(上限100万円)

 ※補助金額に1,000円未満の端数がある場合は1,000円未満を切り捨てます。

☆申請できる方 

 対象者、対象者と同一世帯の方または対象者の親族(市内居住者)

 ※交付は、同一年度につき一つの住宅で1回のみとなります

☆申請方法

 次の書類を提出して下さい。申請者は、福祉事務所、能生・青海事務所、市ホームページで配布します。

 ①補助金交付申請書

 ②工事費見積書の写し

  ※工事を実施する業者の発行したもので、業者の印があるもの

 ③施工予定箇所の写真

 ④施工箇所の図面、その他図面

☆申請受付

 4月15日(水)から順次受け付けます。

   ※申請前に市職員による現地確認が必要となります。日程調整は事前に電話でご連絡下さい。

☆交付の決定

 申請内容を審査の上、予算の範囲内で交付決定します。

★★★ 対象工事の一例 ★★★

 手摺の取り付け,段差解消,床材の変更,引き戸等への扉の取り替え,洋式便座への取り替え,浴槽の改造,l段差解消機・階段昇降機の設置,玄関から道路までの通路の改修(段差解消,手摺の設置)など


homeへ